めも帖

「楽々ERDレッスン」を読みました

まとめると

読んだきっかけ

読んでみて

正規化

「正規化」という言葉をテーブル設計では聞くけれど、「正規化をあえてしない場面がある」という言葉も聞いていたので、「どいうことなんだろう?」と思っていました。その理由も書いてあるんですが、それよりも「ビジネス要件での正規化」について考えることが実務では大切そう。
でも、「正規化」について知る必要性も感じます。「正規化」についてしったうえで、「ビジネス要件での正規化」をする方が自分の設計について賢者から学ぶことができるように感じます。

ヒアリングの大切さ

テーブル設計をするときに、業務についてのことをヒアリングすることの大切さについて書かれています。
ビジネス要件をヒアリングしないと、運用に入っていくと使えない、というのは納得。ヒアリングをして、テーブル設計をしていくことが何回か出てきます。見えるところだけではなく、ビジネス要件を聞くことが、テーブル設計の前提にあるのを忘れないようにします。

データーベース設計で手を抜くと、プログラムに負担をかける

実感中…

設計の手順

Amazon

4798110663.09.main. sclzzzzzzz

最新記事(10件)

タグ一覧