めも帖

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を見た

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を見ました。Episode 4(新たなる希望)の前の話になる外伝という扱い。どうなる話?と気になったのと、Episode 4 のデザインに近いデザインも気になっていました。

見た感想は、なるほど、デススターがあんなに爆発しやすかったのはそいう理由だったんだ!と思わせてくれる内容だったので、大変満足でした。

Episode 4 の始まりでは

ということが言われるわけです(たしか…)。 初めて見た時に、気になったのは「デススターの設計図を入手した」のは大変なことらしいが、その人は誰?ということがわからなかった。デススターの弱点が、あまりにも弱点すぎる。エンジニアとして、それあり?というぐらいな弱点。

こうした疑問が解決されます。

映画の最後の方では、「デススターの入手した人は不明」の理由に気づいて、最後が予想されるわけですが、そこも含めて満足できます。映画の最後も、綺麗につながります(とはいえ、映像技術としては驚きます)。

こんな風な外伝であれば、ぜひ他にも作って欲しい、と思えました(ダースベイダー側からの話とか)。

Amazon

486491317x.09.main. sclzzzzzzz

最新記事(10件)

タグ一覧