めも帖

「この世界の片隅に」を見た

「この世界の片隅に」をテアトル新宿でみました。テアトル新宿は、久しぶりで場所を忘れてました(以前、来たときは何をみたんだろう)。

漫画で「この世界の片隅に」があることは知りつつ読んでいません。こうの史代さんの「夕凪の街 桜の国」も読んでいません。なんとなく、これはハマるやつ、と思って手を出していませんでした。それが気付いたら、アニメ化です。最後の出てくるんですが、クラウドファンディングだったんですね(テロップで、知っている人の名前がでてきて、なるほどーですよねーって、気持ち)

声について

能年玲奈さんこと、のんさんだったんですね。最後まで気づいてませした。最初に「のん」と出るんですが、主人公の名前?と思っていました(すわり悪い芸名で、紹介されてるぐらいなのでしょうがない?)。でも、誰が演じているのか気にならないぐらいに自然で、キャラクターにあっている声だと思いました。漫画を読んでいないせいもあるのかもしれませんが、いい!

描写

人間のことを書くために、人間の書き方は、リアルじゃないけれど、自然描写や戦艦などの描画はリアルな感じがしました。自然は変わらずあって、戦艦などは壊れていくんですよね。生活の風景も変わっていくところを書いていて、人間について書くために、世界観の描画はすごく丁寧だったように感じます。

まとめ

「君の名は。」よりも好きです

Amazon

4800255600.09.main. sclzzzzzzz

最新記事(10件)

タグ一覧